スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつ樹的仕込み時間短縮術… 続き

先程潜在能力を刺激すると書きましたが、日常的な仕事の最中にどれだけギャップある状態で仕事をするか、というのが鍵です。分かりやすい体験談があるので、その人の話をします。
ラーメン屋さんで修行中だった彼は独立前、その修行中のお店のラーメンのスープ、具、麺等の仕込みを任され、お店とは別の場所にあるスープ工場で日々黙々と数店舗分の仕込みをしていました。 が、ある日関連店のマスコミ露出をきっかけに、到底1人では物理的に不可能な生産量を求められる状況になりました。最初のうちは、精神お祭り状態でワッショイワッショイ仕込みをやっていたそうですが、2週間を超える泊まり込みでの朝晩も関係無い作業の連続に、やがて彼もやつれ、心身共に弱っていったそうです。
仕事以外は工場内で合間みて食べて仮眠するだけ、後はひたすらスープやら具を生産をしつづけてるうちに、彼は洗濯する時間すら削り始め
ました。普段は綺麗好きな彼でしたが、状況がそうさせたのでしょう。 「どうせ汚れた服脱いで風呂入り仮眠をしたら、又すぐ仕込みじゃんっ!? だったら洗濯物干したりなんだり手間だから服着ないで仕事すればいんだ!」 かくして頭に巻くタオルと前掛けと長靴のみで仕込みを始めた彼は、あることに気付いたそうです。
「ドキドキしながら仕事していたら、あっという間に仕込みが終わってる…」
彼曰わく、普通だったら有り得ない、工場内での仕事を全裸に近い格好でこなすことによって、めったに分泌されることの無い脳内ホルモンがドバッと彼を刺激
し、疲れ切っていた彼を馬車馬のごとく働かせるにいたったらしいです。 又、体の露出度が多いため、火傷に気を付け、スープや熱湯の跳ねも減り、よって掃除の時間も減り、何より仕事の疲労感もが心身共に減るにいたったそうです。 そして彼はその後も3週間近く、超人的な生産量をこなしたそうです。 正に裸祭りです。
彼の例は全裸に近い状態になる事で、潜在的に持っていた スタミナと楽観性を引き出せましたが、刺激方と引き出せる能力は人それぞれ。 もし興味を持たれた方は、ラーメン屋さん意外でも応用がきくと思うので、試してみて下さい。 くれぐれも人に迷惑をかけず…
いつ樹も、彼の修行したお店のように、脳内ホルモン分泌しまくるぐらい仕込みを必要とする流行る
お店目指して頑張っていこうと思います

よろしくお願いします。

この記事へのコメント

何コラ、タココラ! : 2009/03/19 (木) 04:05:34

伊藤さんのことですよね?

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

多摩組

Author:多摩組

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。