スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いつ樹的仕込み時間短縮術

こんにちは。 今日は、「非日常的状態での仕込み時間の短縮方法」について書いてみようと思います。
個人店を営んでいると、お店が営業していない中休みや休業日でも、事務作業や、厨房での仕込みにおわれます。 時にはスタッフの急な休みで仕込みが閉店後にずれ込んだり、予想来客数を超えて明日のスープを閉店後に更に作り足したりと、ラーメン屋さんでは日常的な事だと思います。 そんな時、どんなに寝る間を惜しみ、効率的に時間配分し、スピーディーに仕事をしても、やはり人間というのは生き物である以上、気持ちの面や体力の面での限界があります。 たとえ自分に厳しく鞭打って仕込みが終わっても、心身が翌日の営業に差し支えてしまう、、なんて事もあります。
そこで、そんな場面に遭遇したときに普段人間が使っていない潜在的な能力の部分をコチョコチョっと刺激してみるだけで、自分が思っていた以上のスタミナや能力を、「もう疲れて時間も無くてどうにもならんっ!」という状況から更に引き出してみようじゃないか、というのが今日のタイトルです。 前置きが長くなりました… 続きはいつ樹閉店後に書かせていただきます。

この記事へのコメント

管理人のみ通知 :

トラックバック


プロフィール

多摩組

Author:多摩組

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。