スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくと『井の庄』と”辛辛(からから)”。

多摩組ブログをご覧の皆様、こんばんわ。

最近、遂に女性スタッフが2人も入った『らーめん新源地』の
店主・高橋です。
その内、多摩組の他の店主さんが誰か触れられそうなので、
自分で先に言っておきますが、女性スタッフの1人はJKです(笑)。

・・・そんな事はどうでも良いのですが、今日は僕の大好きなお店、
今回から多摩組に新たに加わった『井の庄』さんについて書かせてもらおうと思います♪。

僕はラーメン屋を始める前の月までコンビニで働いていて、それもカフェ(喫茶店)を
やる資金を貯める為にバイトをしていたので、元々はラーメン屋を目指してはいませんでした。
なので、ラーメン屋の食べ歩きはそんなにしてなくて、家から行ける範囲の有名なお店に
偶に行くくらいでした。
しかし、ある時マンガ「ラーメン発見伝」の「ラーメン鑑定団」で『井の庄』という
凄いお店が石神井に出来てると知って、上石神井に住んでいた僕は直ぐにその記事を
切り取って食べに行きました。他にも魚粉を使ったお店はあったのかもしれませんが、
そんなにラーメンを食べ歩いてない僕は、『井の庄』さんで初めて魚粉というものを
知って、初めて動物系スープと魚介ダシがどっちも強烈なラーメンを食べて、
衝撃を受けました!。当時石神井にはそんなに有名なラーメン屋さんは無かったのに、
地下にオープンして、周りはシャッターが下りてるテナントばかりなのに、
そんな中で大行列が出来ているのにも驚かされました!。
月日が流れて、何故だか自分もラーメン屋をやる事になった時、
直ぐに頭に浮かんだのは、『井の庄』さんみたいな動物系と魚介ダシがどっちもガッツリ
効いたラーメンをやりたいと思いました。
しかし、同じ物は作れる訳もなく、独学だから作り方も分からず、
全く似てないラーメンが出来ましたが(笑)、
それでもうちの木曜日の「魚介豚骨の 濃厚スープ」は、
憧れの『井の庄』さんのスープを目指した、実は勝手な『井の庄』インスパイ・ラーメンなのです☆。
『井の庄』といういお店でラーメンを食べてなかったら、今みたいなスープを
作ってなかったかもしれませんし、ラーメン屋さえやってなかったかもしれません。

(上)石神井に住んでるけど三鷹に店を出した僕と、うちの店の近所に住んでるけど
石神井で『井の庄』をやってる中村さん(店長)が、『井の庄』さんの立川『たま館』出店を
キッカケに、同じ多摩組で、しかも今回は同じ黄色チームで、一緒に会議をしたり一緒に
ラーメンを作ったり出来るなんて、僕にとっては夢みたいな事です★。

多摩組って、素敵です♪。

『井の庄』さんと言えば、「辛辛魚らーめん」と「辛辛魚つけめん」という超辛いメニューで
有名ですが、実はうちの店にも、『井の庄』さんの影響を受けた「鬼らーめん」と
「鬼つけめん」とう超辛いメニューがある事は、全然知られていません・・・(笑)。
超辛い油そばというオリジナルの「鬼油そば」というのもあるのですが、本当は
「辛辛油そば」という名前にしたかったのですが、真似過ぎるので諦めました・・・。
うちの辛いメニューも、『井の庄』さんの様に有名になる日が来たら嬉しいです。
多摩組の激辛好き店主『きら星』の星野さんを唸らせるような辛さを目指しています。
『丸め』さんの「赤参上らーめん」の一番辛いのも、かなり辛くて、泣きそうになりました(笑)。
いつか多摩組共同の超辛いラーメンを、多摩組メンバー全員で開発したり出来たら嬉しいです♪。

それでは、長々失礼しました。
今から、全国のコンビニで販売されてる
僕の後輩も大好き、うちの店のお客様達も大絶賛の、
『井の庄』さんのカップ麺「辛辛魚(からからうお)らーめん」
(by『寿がきや』さん)を食べて寝ます♪。
スポンサーサイト

あと1ヶ月♪。

多摩組ブログをご覧の皆様、お久し振りです。

”曜日ごとに違うスープ”の変な店・『らーめん新源地』の店主・高橋です。
今も、変なコンセプトは続行中です。

今回、僕は殆ど多摩組の会議(ミーティング)に参加出て来てなくて、
他の多摩組店主さん達に申し訳無いのですが、
3月14日のイベントで頑張って、当日はお客様が楽しめるイベントなる様にしたいです。

今回は、多摩組の参加店の数も増えてますし、イベント当日の「濃厚背脂味噌らーめん」が
うちの店にとっても勉強になるので、自分でも本当に楽しみです。

うちの店は、前回のスタンプ・ラリーのスタンプ・カードに書かれた営業時間と、
現在の営業時間に変更点が幾つかあります。

現在の営業時間は、11時30分~15時、18時~21時で、
定休日が、月曜日に変わりました。
食べに来てくれるお客様がいましたら、お間違えの無い様お願いします。

それでは、この辺で。
次回は、もっと長い
「ぼくと井の庄」というタイトルで、タップリ書こうと思っています(・・・多分)。

プロフィール

多摩組

Author:多摩組

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。